2018年04月07日

【 月めくり宗家玉手箱 】良き友と交際すべし

 

3月31日より4月4日まで、勤行公務にて、
本日7日、4月は 卯月(うづき)
【 月めくり宗家玉手箱 】公開させていただきます

 

卯月は、卯の花が咲く月とも、
稲の種を植える月(うづき)種月−植月の意ともいう

 

日本では、新年度または新学期の時期として有名であり
学校・官公庁・会社は当月に入社式・入学式が行われる

 

新しき一歩を歩み出すこの時期
新しき種をまく、まさにこの4月

 

「 種 」は 大地から恵みをさずかり、
その“ 御礼 ”に 花や実を大地にかえす

 

良き種をまいてこその、当然に巡りくる幸多き結果

 

学生生活、社会生活、ひいては人生生活において、
良き種をまきたいと、初心が生まれた初心者が、
守るべき多くの心得のなかで、
まず、第一に心得なければならないことは、

 

「 悪い友を避けて、良き友と交際すべし 」

 

日常つきあう友の影響は、
霧のなかにいると、いつのまにか、
着ている服が 濡れてしまっていますように、
知る知らざるとにかかわらず、
無意識に影響を受けてしまいます
 

 

つまり良いことでも、悪いことでも、
つきあっているうちに、当然に染まってゆきます

 

ある人を知りたければ、手っ取り早いのは、
その人のつきあっている友人をみればわかります
なぜなら生活習慣が似たもの同士が群れるのですから。

 

『 良き友 』と交われば、
正しい道に出逢い、正しい人生生活を送ることになり、
生きる意味や希望を一緒に味わい楽しむことができるも
「 悪しき友 」と交われば、
予想もしない正常ではない道に逸(そ)れてしまう


そこで、ドイツの社会心理学者フロム博士が
ご指摘された「 悪しき友 」について 例示 いたします

 

「 悪しき友 」とは、
悪意があって破壊的な人間だけをいうのではない

 

*この意味するところ、

悪意なく相手に悪影響をあたえるつもりなくとも、
相手が悪影響を受けていたら、
相手に悪影響を与えているのと同じということです

 

日常の生活態度が、 陰気でうっとうしい・不愉快な人
肉体は生きているも、精神は死んでいる人
考えていることと話すことがつまらない人
話をするのではなく、ただしゃべりまくっている人
自分のアタマで考えもせずありふれた意見を主張する人

 

こう、フロム博士は「 悪しき友 」をご指摘なされた

 

とすれば、『 良き友 』は、この逆で、

生活態度が、明るくほがらかに活き活きと勇ましい人 

さらにいえば、あなたをよく理解してくれる心の友、
あなたに気づきを与え悟らせてくれる人でありましょう

 

さらに具体的に『 良き友 』を 判断してみましょう

 

「 その友 」が、

日々直面するあらゆるできごとに対して つねに ”

「 真か偽か 」

偽(にせ)のほうでなく真(ほんもの)を選択し、

「 善か悪か 」

悪いほうでなく 善いこと・正しいこと を選択し、

「 美か醜か 」

憎むべき醜いほうでなく 美しいこと を選択し、

ともに心と力を合わせ助け合って仕事をするならば、

その友は、ともに歩むべき宝『 良き友 』です

 

また人生生活、さまざま悪質な勧誘があとをたたない、
気をつけなければならない宗教・信仰の友

 

「 真・善・美 」で生きているとき、
すなわち、正義と愛と調和でもって生きているとき、
天の無限のおチカラを賜り、はじめて天啓が導かれる

 

この「 真・善・美 」をなおざりにして、
やれ祈祷だの、神事だ仏事だなどと、いっている人は、
間違いなくニセモノだ

 

和を乱し、愛に欠け、悪しき行いをして、
天啓が導かれるほど、天は甘くない

 

もしそれでも、それを天啓というのなら、
その天啓は かなしい幻想・妄想・悪夢にすぎない

 

もっとも、いかなるときも 真・善・美 で生きていると
だれしも、天啓は受けられるものなんですね

 

こうした「 真・善・美 」で生きている信仰の友は、
なにより尊い『 法縁 』と申しまして、

血縁以上に頼りになる『 良き友 』です


こうした正しい人生生活に入りたければ、

 

「 悪い友を避けて、良き友と交際すべし 」

 

この教訓、これまでの歴史が証明してきた、

あたりまえの永遠の教訓ですが、


仏になる可能性という「 仏性(ぶっしょう)」を、

生きとし生けるすべてのものがもっていると、

かたく信じておりますことから、
さまざまな人と交際を試みた私でしたが、短い一生、
まわり道しないほうが良いと、たどりついた教訓であり


新しき一歩を歩み出す御縁の皆さまには、是非とも、
素直に心に刻んでいただきたい教訓であります

 

そして、この教訓をいちずに実践することにより、
当然に巡りくる、良き徳の恵みを受けて、
一度かぎりの自分の人生を創造いただければと存じます

 

 

 

 


2018年10月
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031