2017年11月23日

新嘗祭【 宗家生誕日 】 永遠(とわ)の祈り

 

宗家玉手箱 】抜粋

 

本日、私、宗家生誕日の “ いま ”
私たちが生きていることを実感できる、

 

“ まさに今この瞬間 ”

 

日本のご縁の皆さま・世界のご縁の皆さまのみならず、
生きとし生けるすべてのものに、
私の熱意と誠意のかぎりを尽くし、
私のもてるすべてをそそぎこみ、タマシイをこめ、
いつまでも変わらぬ『 永遠の祈り 』をお贈りしたい


 〜 心から愛をこめて 〜

 

生きとし生けるすべてのものが
幸福で平穏安楽 平安でありますように

どんな生命・どんな生物も、動物も・植物も、
強いものも・弱いものもすべて、
長いものも・大きなものも・中くらいなものも、
短いものも・繊細なものも・少し大きなものも、
いまここにいて 目に見えるものも・見えないものも、
遠くにいるものも・近くにいるものも、
すでに生まれたものも、
これから生まれようと願っているものも、


生きとし生けるすべてのものに幸あれ平安あれ


世界に 苦しみ があるかぎり
神の御心(みこころ)すなわち【 大自然の教え 】を
生きとし生けるすべてのもののために
よみがえらせるべく、いつまでも どこまでも 広めたい

天たかく 鳥たちが歌い 花が咲き満ちる

この世のすべての人々が
平和であり幸福
しあわせでありますように


日ノ本 古都 京 嵐ノ山 嵯峨野の庵
静寂のなか ひとり沈黙の世
澄みきった 内なる声 をききつつ 筆を書きとめおく

2017年11月23日

清和源氏41代 旭八幡 宗家 源 尊

 

 

_______________________

 

清和天皇嫡流わが源氏一門が尊崇し信奉する、
源氏の氏神 八幡大神さまが御鎮座される、
男山 石清水八幡宮に向かい、
清和源氏先祖代々の慣例にならい、遥拝す
合掌 南無八幡大菩薩 御八念,,,,,,/ン\__

_______________________

 

【 新嘗祭 】(にいなめさい)
 
天皇が新穀を天地の神に供え、自らもこれを食して、
その年の収穫に感謝する大祭
伊勢神宮をはじめ全国の神社等にて、稲の収穫を祝い、
翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀
 
全国で斎行されます新嘗祭の無事斎行を、
御祈念したく存じます。
 
私こと旭八幡 宗家 源 尊
(げんそん こと みなもとノみこと)、
私のこれまでの知る知らざるとに関わらず造ってきた、
罪障をまずもって、懺悔(ざんげ)す
 
我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貧瞋癡(かいゆうむしとんじんちい)
從身語意之所生(じゅうしんごいししょうしょう)
一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいざんげえ)
 
合掌 南無阿彌陀佛 御十念 ,,,,,,,,/ン\_

 
【 御祈念 】
 
一、新嘗祭 無事斎行
 
一、三宝護持(さんぽうごじ)

  今上陛下(きんじょうへいか)

  眞人誕生(しんじんたんじょう) 
  寶祚万歳(ほうそばんざい)
  天下泰平(てんかたいへい)
  佛法繁盛(ぶっぽうはんじょう)
  神道繁栄(しんとうはんえい)
  国家安全(こっかあんぜん)
  五穀成就(ごこくじょうじゅ)
  萬民快楽(ばんみんけらく)

 〜 生きとし生けるすべてのものに幸あれ平安あれ 〜

 

合掌 南無阿彌陀佛 御十念 ,,,,,,,,/ン\_

合掌 オン・べイシラ・マンダヤ・ソワカ 御百八念
   オン・マカ・シリヤ・エイ・ソワカ 御七念
   オン・ゼンニ・シエイ・ソワカ 御七念

 

清和源氏四十一代 旭八幡 宗家 源 尊

 

 

 



2017年11月
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
2627282930