2017年08月15日

終戦記念日じゃない 敗戦自覚日だ


日本人は「 事実を事実として遺す 」
という、冷酷な感覚に欠けている。。。
その時代時代をとりまく価値観が
一番、確(たし)かな判断とされ、

 

都合の悪い事実をかき消す

 

日露戦争後の陸軍史も・戦後も、
都合の悪い事実をかき消してきた

 

いま現在も 
都合の悪い事実をかき消しつづけている

 

“ 事 実 ”は
「 文献の面 」からも「 物の面 」からも
「 すべて存在した 」というものは 遺すべきだ!
「 それがいやな事実 」であろうと
目をそらさず
「 それが事実である以上 」 遺すべきだ!
ヨーロッパの国々では、それが「 常 識 」だ!
「 それが事実である 」がために遺す「 習 慣 」だ

 

このことを信念するならば、
本日8月15日の呼び方から改めねばなるまい

「 終戦記念日?」
多くの国民を路頭に迷わせ、なにが記念日だ

終戦記念日じゃない!「 敗戦自覚日 」だ

 

それでは、これまでの【 宗家玉手箱 】を抜粋し、
本日、「 敗戦自覚日 」に ふりかえってみたい

 

皇族・聖職・政官財・法曹・医師・文化芸能、
スポーツはじめ、さまざまな著名な方々が、 
薫陶を受け、日本の現在の発展を導いた人物を
多数輩出された指導者である【 中村哲人 】は伝える

 

哲人

 

祖国日本は 昭和16年12月8日
対連合国戦争という 文字通り 世界を相手にする、
「 日本の歴史 」始まって以来、
日本人が経験したことのない大戦を あえて開始した
最悪の戦歴を3年半経て、あわれ“ 無条件降伏
という「 みじめな事実 」をもって
昭和20年8月15日 この世紀の戦いは 終わった

 

宗家

 

敗戦70年を迎えた年、近現代史研究専門家による、
対連合国戦争開戦から降伏までの 事実・真実 を受けて
有志の政治家は、
よく日本は勝てる見込みのない戦争という無謀な決断が
できたものだ、と呆(あき)れると総括し発表している

 

この大戦当時、
哲人はあくまでこの戦争に反対しなきゃいられない。
だから講演すれば、
時の政府や軍閥の悪口を言っているから、
哲人にはいつも憲兵が二人つき監視され、
ある講演で総理大臣の悪口をいうや、
一週間拘留されるなど、
手をかえ、品をかえて、弾圧を受け続け、
人生で一番苦難の毎日だったと回想されている

 

真人なら、時の風潮に流されず
因果の法則 】でもって導くはずだ

 

どういう戦争のやり方をしたら
どういう結果になるのか?

どういう敗戦をすれば
どういう苦しみに国民が落ちるのか?

そのために政治家はどうしなければならないか? 
事業家はどうしなければならないか?

 

このような意識でもって、当時、哲人は、
日本のなすべきことを伝え、
少しでも日本人の尊い命を犠牲にさせまいと、
己の身を捨てて、
声を大にして叫び続けていらしたのだろう。。。

 

しかし、時の指導者は、
起きて欲しくないことは起きない、
戦いには負けない! 
危ないときは“ 神風 ”が吹くのだという、
「 幼稚な思考法 」で突き進んだ。
尊い国民の命をなおざりにして・・・

 

当然の結果、戦いには負けない!
危ないときは“ 神風 ”が吹くと、因果をくらまし
因果の法則を おきざりにしたために
おびただしい数の犠牲者を出し、
時の指導者はヤブレカブレになり、
日本がメチャメチャな“ 大敗戦 ”になって 
大混乱したのだ

 

「 歴史 」に もし はないのだが

 

島津斉彬公の薫陶をうけた西郷南洲国士はじめ、
真人の志士たちが、真の聖職者のもと、
権威者たる 陛下・皇族・公卿、
権力者たる徳川家はじめ累代ノ武家等から大所高所、
意見をたまわり、チカラを合わせ 
新しき日本を建設していたら、そんな指導者たちの
遺志を受け継ぐ真の指導者の判断から
 
そもそも対連合国戦争なんて無謀な戦争は
起こらなかったろう

 

「 歴史 」に“ もし ”はないのだが 
あえて言わせてほしい

 

もし あの戦争がなかったら

 

あんなむごい悲惨なおびただしい数の
尊い命の犠牲はなかった
人体実験、広島・長崎に投下された、
「 原爆の悲劇 」もなかった

 

もし あの戦争がなかったら

 

そもそも、北方領土問題や沖縄問題なんて
存在しなかったはずだ

 

もし あの戦争がなかったら

 

樺太は日本の領土であった。とすれば日本は、
莫大な支出を続けて、中東に「 石油 」を頼らなくても
自然を痛め、
同時に自然の一部である人間の命を多大に傷つけている
課題が山積する「 原子力発電 」に頼らなくても、
日本領土であった樺太の「 天然ガス 」によって、
必要なエネルギーを確保することができたはずだ

 

あの戦争があったから

 

敗戦から70年が経った今でも
数々の多大な問題を抱えているのだ

 

当時の日本指導者による、

無謀な戦争の決断と結末でわかるように、
一度でも“ 国策を誤ると

 

どれだけ後の世に大きな影響を与え続けることになるか

 

この失策を、いやこの大罪を私たちは忘れてはならない
そしてこの過ちを私たちは二度と繰り返してはならない


おびただしい数の命が失われた、
第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)を見て、

 

戦争の敵味方のどちらか一方が勝利したといえるのか

 

一見「 連合国が勝ち日本が負けた 」ように見えるが、
勝つか負けるかの戦争で、
思いやりの心が生まれるはずもないが、
そんな思いやりの心がもてない非情な戦争には、
もともと勝利なんてありえない!
いったん戦に巻き込まれると、

 

だれもが例外なく被害者になるんだ

 

この世に生んでくれた愛する母と敬する父との別れ、
その母の悲しみ叫ぶタマシイの絶叫を心に受けながら
今生の別れと愛する女性の流れる涙を見ながら、 
みずからも涙し、
「 もう少しそばにいてやりたい 」と、
心残りながら幼な子と別れ、
もうすぐ生まれてくるであろうわが子の無事を
想いながら・・・

書き尽くせない国民ひとりひとりの悲しくつらい現実

 

どんなことをしても 死んだ人は帰えちゃこない
指導者はどんなことをしたら償えるというのだ?!

 

そこには 時効 なんてない!
人間が決めた法律で裁けるもんじゃない!

 

物質の化合した有機体である「 肉体 」は殺せても、
生命の根源である“ 魂(タマシイ)”は
どんなことをしようが、殺すことはできない

 

生命それ自体は絶対に消滅することはない!

 

無残に殺害された魂は 
そのうらみをはらさずにはおかない

 

だれかを殺す行為
結果的には自分自身を殺す行為なんだ
この『 宇宙生命の原理 』を こころにきざめ!

 

生きているものは すべてひとつのイノチだ!

 

戦争
すべて欲深さと憎しみと愚かさから始まる

 

今も表には見えない世界指導者の手先みたいな人が
“ 人類の平和と秩序を守るため ”

「 やむをえず戦争になった 」と、
恥ずかしくもなく真顔でシャーシャーと言っているが

 

よ〜く“ 心の目 ”を 開いてみれば、
なんのことはない、

そのことばの裏に隠れているものは、
今も昔も変わらない、
「 自分の分け前をかすめ取ろうとする 」

 

自分勝手な欲と燃えたぎる憎しみだ

 

戦争によって
なにを失うのか明らかである ”にもかかわらず、
今だに!その愚かさを繰り返している。。。

 

これまでの幾多の戦の歴史から導かれる戦争の教訓を
国民の生命と財産を守ることが大使命である指導者なら

いつだって! なにがあろうと! 絶対に! 忘れるな!

 

生きている命を殺すのは 悪徳のなかでも最大の悪徳だ!


現在、声高に叫ばれる憲法改正や自衛隊の解釈問題

 

倫理しかり、時代によって変わってゆくものを正すべく、
民衆の良心を代表する高級官僚が、民衆に代わり、
さまざまなルールを" (かえり)みて
時代時代で余計になったものを“ (はぶ)”ため、
法務省など「 ○○省 」の“ ”の字がつけられたのだ

 

だから、見直すべきは見直す
さわってはならないところさわらずだ

 

確かに、戦後の憲法は、
「 日本独自のもの 」ではない

 

それが都合のよいこともある

 

“ アメリカはじめ戦勝国による ”

敗戦国日本に有無を言わせないで交わさせた
不戦の誓いという 明確な理由 でもって

 

現在、日本にいかなる圧力や誘いがあろうとも、
敗戦国日本は、直接に日本が、日本人が、
他国からの攻撃を受けていないにもかかわらず、
その他国の戦争に日本は加わるわけにはいかないと、
幸運にも、断固として言い続けられるのだから。。。

 

それなのに もったいないかな、

いま日本は、日本指導者が、

この「 黄金のカード 」を放棄しつつある。。。

 

これは日本の自己中心的な考えにはあたらない

日本が世界平和に貢献しないことにもあたらない

 

日本国民の生命と財産を守ることが大使命である
と、本心から断言する 日本指導者 なら、
あたりまえ ”に 導かれる答えだ!

 

なんどでもいう

 

だれかを殺す行為
結果的には自分自身を殺す行為なんだ
結果的には日本国を滅ぼす行為なんだ
これはだれもおかすことができない、


『 宇宙生命の原理 』なんだ!

 

一方、日本の自衛については、世界情勢を鑑み、
今やなくてはならない自衛隊の立場・意義を明確にして

日本国民の生命と財産を守るため

あらゆる危険を視野に想定し 徹底的にやればいい
今や世界に名だたる日本の叡智を結集して。。。

 

今さら言うまでもないことであるが、
私は、【 宗家玉手箱 】は、「 思想 」において、
右翼(ウよく)左翼(サよく)“ 右も左もない!”
中翼(ナカよく)「 (なか)よく!
どん真ん中!”【 真理一本で貫いている


「 歴史 」は つねに「 結果 」から考えられ
「 結果 」によって“ 原因 ”が さがされている
そのために
真相を見失ってしまった過去のにがい教訓 」を
いまこそ! 生かさねばならない

 

【 真理 】は むずかしい理論のなかにあるんじゃない
真理 は いつも私たちの足もとにあるんだ

 

私たちが生きていることを 実感 できる、
まさに今この瞬間
原因となる 今この瞬間の判断・行動
善因か? 悪因か?をハッキリ見きわめてこそ
正しき結果が 導かれるのだ

 

このように因果をあいまいにしないで
目をそらさずハッキリさせ因果の法則を実践して
このいまを 生きてこそ
真相を見失うことなく
幸福な歴史を 創ってゆけるのだ


 今後、いかなる「 憲法・法律 」を作るにせよ、

 

自然と人間の関係

思索の中心 において考えさえすれば
大きな的外れをしなくて済むはずだ

 

尊い教えに 国境はない!

 

日本の優秀な指導者さまにおかれましては、
ここだけは、おさえていただきたい。

 

本年、8月15日「 敗戦自覚日
この自覚を「 現実のもの 」としていただきますよう、

 

私宗家 本当に 心の底から お願いしたい。。。


 

【 御祈念 】

 

敵も味方もない
戦争に巻き込まれた被害者の御方々の御霊、
安らかであられますように

 

合掌 南無阿彌陀佛 御十念 ,,,,,,,,/ン\_
 

 

 

 

 

 

 



2017年08月
  0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031